・2016年度グァテマラ・カップオブエクセレンス受賞【サンアントニオ・デ・エスキプラス農園】
 完売いたしました。
・2015年度コロンビア・カップオブエクセレンス受賞【ブエナヴィスタ農園】
 完売いたしました。
・2015年度ブラジル・カップオブエクセレンス受賞【シッチオ ダ ポンテ農園】

 完売いたしました。











商品名
 ブルーマウンテンNo.1 2015/16 クロップ
 <クライスデール

良質の香りと調和のとれた味わいを持つブルーマウンテン。まさに世界の最高級品の名を与えられるにふさわしい味わい。
ジャマイカ、現地語では「森と水の国」と呼ばれている小さな島。
最高峰がブルーマウンテン山で標高2256Mこの山麓で栽培されている。
アロマ、ボディー、アシディティーの絶妙なバランスがブルーマウンテンの特徴であり、キング・オブ・コーヒーと言われる由縁である。まろやかな甘味の残る後味は、他のコーヒーの追随を許さない。

地域 :セントアンドリュー教区、クリフトンマウントおよびクライスデール
生産者 :セントアンドリュー教区、クリフトンマウントおよびクライスデールの生産者
クロップ:2015/2016
規格 :NO.1
欠点規格 :3%未満
スクリーン: スクリーン17/18
木の品種 :ティピカ
精製方法 :フルウォッシュド
ロースト:ハイロースト


原産国:
ジャマイカ


1953 年、ジャマイカ政府は、ジャマイカコーヒーの品質管理を目的に、コーヒー・インダストリー・ボード(CIB)を創設した。ジャマイカは世界で始めて地理的 な特定地域をコーヒーの銘柄として定義づけし、ブランドを構築した国である。フランスのワイン、チーズ、バターなどに与えられる認証、アペラシオン・ドリ ジーヌ・コントロレ(AOC)と似ている。ジャマイカから輸出されるコーヒーはすべてCIBの管理のもと輸出され、とりわけ法律で指定されたブルーマウンテンエリアで収穫されたコーヒーは、100%ブルーマウンテンである。   

クライスデール地区は、セントアンド リュー教区内の平均標高1000メートルのコーヒー生産地として知られ、ブルーマウンテンコーヒーの生産地の中央に位置している。故に、「ザ・ハート・オ ブ・ザ・ブルーマウンテン」と呼ばれる。近くには国内最大の国立公園と森林保護区であるグランドリッジがある。

クライスデール農園は、1800年、英国人コリン・マクラーティー博士によって創設された。ジャマイカに旅行でやってきたが、好きになった土地に永住してし まった。コーヒーを商業ベースで生産した最初の農園のひとつである。当時の教区名はポートロイヤルであり、その後セントアンドリューに変更された。

この地区で生産されるコーヒーの品質がいいことに気づいた農民たちは、マクラーティー博士に続けとばかり、クライスデール農園の近隣にコーヒーを栽培し始め た。こうしてクライスデール地区のコーヒー栽培は広がっていった。クライスデール農園のコーヒーは1800年代始めにはすでに輸出されていた。

現在、クライスデール農園は運営はされていないが、当時の精製工場、乾燥場、水車は200年経った今も現存している。かつてハネムーンの常宿だった工場に隣接するクライスデール・グレート・ハウスは、国家遺産としてジャマイカ政府によって指定されている。山脈の北側に面しているので若干マイルドです。



15kg 樽で入荷☆


クライスデール地区の生産者は、ティピカ種の素晴らしいコーヒーを作り続けている。クライスデール・ブランドはこの地区で収穫されたブルーマウンテンである。他の追随を許さない、そのアロマは、今日でも変わらない。


ブルーマウンテンの原産地証明書となります。

ブルーマウンテン NO,1を 100gでもご購入のお客様に証明書のコピーを添付致します。
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:4536円 500g:11232円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 クリスタルマウンテン
キューバ産の最上級品。マイルドな風味とバランスのとれた繊細な味はブルーマウンテンと並び称される逸品です。




原産国:
キューバ
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1296円 500g:3159円
 
  完売いたしました。
入荷待ちです









商品名
 グァテマラ 
 サンアントニオ・デ・エスキプラス農園 
 Cup of Excellence Guatemala 2016
農園名: San Antonio de Esquipulas y Anexo
     (サンアントニオ・デ・エスキプラス農園)
農園主:Francisco Ovalle Alvarado,Jorge Sergio tulio
     (オバジェ・アルバラード、ホルヘ・セルヒオ・トゥーリオ)
地域:La Democracia,Huehuetenango
   (ウエウエテナンゴ県、ラ・デモクラシア)
標高:1480m〜2000m
品種:Catuai (カトゥアイ)
順位・スコア:20位 86.44点
精製方法:Fully Washed (フリーウォッシュド)
審査員コメント:
AROMA/FLAVOR:
グリーンアップル、マンダリンオレンジ
ACIDITY: 明るい、活気のあるリンゴ、シトラス
OTHER: 滑らかで、蜂蜜のような、ジューシーで甘い
ロースト:ハイロースト
味の特徴:果実の香りと、活気のあるベリー系の甘酸っぱいが酸が味わえます。蜂蜜のようなジューシーで甘く心地よい味わいが口の中で広がり“後味の良さ”が持続します。

原産国:
グァテマラ   

【カップ・オブ・エクセレンス】は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される 『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。
 カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ最高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。

 サンアントニオ・デ・エスキプラス農園は、1965年、ウエウエテナンゴに設立しました。現在、息子たちの協力により、スペシャルティコーヒーの専門知識をもって農園運営を行っており、従業員を含め1杯のコーヒーを満足する重要性を大切にしています。

また環境配慮の徹底と再構築を行い、花や動物を守るため、殺虫剤の使用を避けて生産コントロールに取り組んでいます。こうした中で害虫と自然のバランスを見つけ、このバランスを保つことを将来的に検討しています。

自然が作り出した奥深い味わい、Specialty Coffeeの生産技術によるコーヒーの透明感、全てが複雑に絡み合い、Cup of Excellenceの名に相応しい品質に出来上がりました。

「1杯のコーヒーを満足する」私たちの熱意を、どうぞカップの中から感じ取ってください。

ウエウエテナンゴ県は、グアテマラの県の一つ。ウエウエテナンゴを県都とする。 面積は7,403平方キロメートルで、2002年時点の人口は846,544人と公表されている。メキシコ南部チアパス州に隣接しています。

また、グァテマラ国立コーヒー協会(ANACAFE)が定めた良質なコーヒーを産出する8地域のひとつであります!




味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1750 500g:4158
 
 
完売いたしました。 









商品名
 コロンビア サントゥアリオ農園 
 レッド ティピカ グアヤボス
 The Specialty Coffee from COLOMBIA
農園名:サントゥアリオ農園
農園主:カミーロ・メリサルデ
地域:ポパヤン グアヤボス
品種:レッドティピカ100%
精製方法:Fully Washed (フリーウォッシュド)
審査員コメント:
ロースト:ハイロースト

味の特徴:高地産ティピカコーヒーが持つ「ドライでかつスウィート」、ワインにも似たフルーティさが特徴的で香りとマイルドな酸味が、しっかりとした深いコクをより一層引きたて、豊かな味わいが後口に広がります!!

原産国:
コロンビア   

<サントゥアリオ農園>

サントゥアリオ農園では当初からスペシャルティコーヒー、すなわち
「至高のコロンビアマイルド」を目指し、苗木の播種から収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。

<至高のコロンビアマイルド>

シェードツリーにはマメ科の植物を植え、施肥管理は有機肥料の投与のみを行い、 また標高が高いため害虫の問題は皆無で、農薬の散布は行っていません。また、農園の従業員や近隣の地域社会への貢献も積極的に行っています。
 サントゥアリオ農園のティピカ100%はクリアでかつ熟した木イチゴのような甘酸っぱさ、丸みのあるコク、やわらかい後味が心地よい一品です。

<農園管理>

農園は標高1,850-2,100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haにコーヒーが栽培されています。農園には豊かな森林が広がり、多様な野生動物の住処となっています。農園は小さな区画に分けて整備されており、作業の記録や管理もしっかりと行われています。

<コロンビア・ポパヤン>

コロンビア・ポパヤンは山岳地帯が多く、日照・降水量・標高・土壌といったコーヒー栽培の好条件の揃った特産地です。サントゥアリオ農園はポパヤン高原に位置し、南東にはプラケ火山(標高4,646m)を望みます。農園主カミーロ・メリサルデ氏は、古き良き時代のコロンビアマイルドコーヒーの復活を目指し、なおかつ完全にサスティナブルな条件のもと、一から農園を設計し1999年に農園作りをスタートさせました。

味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1448円 500g:3456円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 







商品名
 ブラジル シッチオ ダ ポンテ農園 
 2015 BRAZIL Late Harvest
 Cup of Excellence 2015

農園名:Sitio da Ponte
農園主:Joao Andrade de Miranda
地域:Araponga Matas de Minas
標高:1000m〜1100m
品種:Red Catuai 46
順位・スコア:17位  86.39点
精製方法: Natural
審査員コメント:
AROMA:
Soft ; lemon ; chocolate , hazelnut , champaign , dries plum , red grape
ACIDITY: Sparling acidity , rea apple
OTHER: Balanced
ロースト:ハイロースト
味の特徴:チョコレートフレーバーとナッツの香ばしさが広がり、 濃厚でなめらかな口当たりです! バランスのとれた最高級のカップオブエクセレンスをお楽しみ下さい。

原産国:
ブラジル   

【カップ・オブ・エクセレンス】は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される 『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。
 カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ最高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。

 ブラジルのコーヒーの大多数はナチュラルコーヒー。今回のLate Harvest Cup of Excellence Auctionは、そのブラジル・ナチュラルコーヒーの最高の品質のものを選ぶ品評会です。第4回目のBrasil Late Harvest Cup of Excellence Auctionでは、23ロットのコーヒーが受賞されました。

 Sitio da Ponte農園のJoao氏は幼少期より、父親であるMilton氏に付き添われコーヒーの種撒きから収穫に至るプランテーション技術学んできました。そして1985年にJoao氏が同農園の所有権を獲得。以来、彼は土壌の管理、栽培品種の選択、農園のメンテナンス、そして収穫に至るまで学んだ知識を実践に移してきました。その間も彼自身はスペシャルティコーヒーの栽培について日々研究を重ねていきました。既にSitio da Ponte農園は1993年〜2014年まで同農園が所在するAraponga内外のコンクールに幾度となく入賞しております。Sitio da Ponte農園のJoao氏は自身の農園での個人的な研究だけではく、地域内外のワークショップにも足を運び、品質追求について積極的に取り組んでおります。



味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1814円→1728円
500g:4320円
→4266円
 
 
完売いたしました。






商品名
 コロンビア ブカラマンガ スプレモ 
 The Premium Coffee from COLOMBIA
生産地域: サンタンデール地方、ブカラマンガ地区
規格: スプレモ
精選方法: ウオッシュド (水洗式)
スクリーンサイズ: 18M
味の特徴:ふんわりと甘い香りが印象的な、ブカラマンガ地区のコーヒーは農園の生産能力が優れており、高品質で有名です。
後味がすっきりし綺麗な味わいをお楽しみください!

クロップ 2016/2017 ニュークロップ(新物)

原産国:
コロンビア

<サンタンデール地方 ブカラマンガ地区>
 ブカラマンガの産地は、コロンビア北部サンタンデール、ノースサンタンデール周辺地域のコロンビアコーヒー発祥の地で年2回クロップシーズンがあり、1年中良質のコーヒーが収穫できます。

<生産能力に優れております>
 スクリーン規格18ということで、SUPの中でも大粒が揃っています。品質の安定を目的に作られています。

コロンビアの中でも、ブカラマンガ地区は質の高いコーヒーの生産能力に優れております。

<マイルドコーヒーといえば、コロンビアコーヒー>
 国土の約半分が山岳地帯、アンデス山脈の急斜面にコーヒーの栽培地があります。

十分な降水量と寒暖の差、水はけのよい弱酸性の土壌などコーヒーの栽培に適した環境の下で生産がされています。

<FNC
(Federacion Nacional de Cafeteros de Colombia)

 世界一リッチなコーヒーで、作る人と飲む人の笑顔をつなぎます。
1927年にコロンビアのコーヒー生産者によって設立されたFNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)は、 民主的で活動的な組織として世界有数の規模を誇る農業関連NGOであり、またコーヒー輸出団体でもあります。

FNCは全てのコロンビアコーヒー生産者に対し収穫したコーヒーをフェアで公正な価格で購入する事を保証し、福祉や教育などの様々な分野で活動を行っています。



味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1016円 500g:2430円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 






商品名
 グァテマラ 有機JASオーガニック
 ブエノスアイレス ラスマリアス農園
 The Premium Coffee from GUATEMALA
農園名:ブエノス アイレスラスマリアス農園
生産地域: Santa Rosa (サンタ ロサ)
標高:1,150m〜1,270m
品種:ブルボン90%、その他10%
規格: SHB
精選方法:ウォッシュド
取得認証:JASオーガニック認証、OCIA、NOP 各有機栽培認証
味の特徴:自然そのもので、心地よいアロマと口に含んだ時に活き活きとした甘さが引き立ち、素晴らしいボディバランスです。長く持続する深い甘みをお試しください。

入港日 2017/1/17  ニュークロップ(新物)

原産国:
グァテマラ

<ブエノスアイレス ラスマリアス農園について>
 グァテマラのオーガニックコーヒーは、自然そのものでこの農場では、非常に豊かな生物は共同しており、コーヒー豆としての本来の力を発揮している感じがします。
多くの農業従事者は古代マヤ民族の末裔で、仕事の丁寧さには定評があるとの事も感じれます。

<取得認証:JASオーガニック認証、OCIA,、NOP 各有機栽培認証>
 農薬肥料等を一切使用せず栽培されたコーヒー豆は、自然そのもので、心地よい味に仕上がり、本来のグァテマラコーヒーの個性はそのままに。

濃厚な甘味とほのかに香るフローラルな香りを持ち、従来のグァテマラコーヒーとは一線を画した新たな個性を生み出しています。

<自然豊かな農園>
 コーヒー農園のある場所は湖などの美しい自然に恵まれた国です。

<有機認証の手間ひまかけたマイルドコーヒー>
 各農園が現地でJASの生産行程管理者(農業生産者)の認証を取得し、有機農産物のJAS規格に基づいて生産されたコーヒーです。日本では、有機JAS法によって有機認定を受けた食品のみ、有機(オーガニック)として表示し販売できます。



味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1145円 500g:2722円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 







商品名
 ケニア マサイAA 
 The Premium Coffee from KENYA
生産地:ニェリ地区・キリニャガ地区
標高:約1600〜2000m)
品種:SL28,SL34
精製方法:ウォッシュド(水洗式)
伝統的な水洗処理、テーブル上での天日乾燥
スクリーン選別:AA規格(18UP)
ロースト:ハイロースト
クロップ:2016/2017
味の特徴:ベリー、柑橘、パッションフルーツ、ドライフルーツなどのフルーツの甘い香りがあり、しっかりとしたコクと甘みがあります!
香り・酸味口当たりの質の良さがアフターテイストへと長く続きます!!

原産国:
ケニア共和国  

ケニア・マサイAAはその年の良質なトップグレードの原料をドーマン社の品質管理担当者がブレンドし、外観、カップクオリティー(酸味・ボディー・フレーバー)ともにトップグレードに仕上げたプレミアムコーヒーです。あえて農園を指定しないことで品質の安定性を図っています。

<農園での作業>

収穫→脱肉→水による比重選別→発酵槽発酵→水路水洗→ソーキング→アフリカンベッドによる天日乾燥

<ドライミルでの作業>

脱殻→異物除去→スクリーン選別→比重選別→電子選別→ハンドピック

<おすすめの理由>

ケニアコーヒーの品質の安定感、複雑な風味やキャラクターはもう説明する必要がないほどに世界中で絶賛されています。ベースそのもののレベルが高い同国で、最も高品質なコーヒーを産出するエリアとして名高いケニア山麓のニエリ地区。

<アフターテイストが長く続きます>

ケニア産コーヒーのほとんどがウオッシュト(水洗式)である。農協の場合収穫されたコーヒーチェリー(コーヒーの赤い実)は近くの「ファクトリー」と呼ばれる精製施設に運ばれる。乾燥はアフリカンベットとよばれる棚での天日乾燥が主流である。風味はしっかりとしたコクと柑橘系の酸味となめらかな甘みのバランスが良い。また、フルーティーな香りとアフターテイストが長く続きます。


マサイの戦士が描かれたオリジナル麻袋
味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1404円 500g:3335円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 








商品名
 タンザニア キリマンジャロ タリメ
 ゴールドマインAA キボー 
 The Premium Coffee from Tanzania
生産地:タンザニア北部タリメ地区
プロセス:ウォッシュド(水洗式)
規格:キボー S18
Kibo (キボー) は選ばれたコーヒーにのみ付けられる高品質の証
標高:1,700m
栽培品種::N 39
選別所:グルメコーヒードライミル
ロースト:ハイロースト
クロップ:2016/2017
味の特徴:明るく綺麗な酸味とボディーが強い口あたりで、甘く複雑で華やかな香りがあります。明るい酸味は、甘い完熟したフルーツ、カシスを連想させます。飲みごたえのある一杯です♪

原産国:
タンザニア連合共和国


<新しいコーヒーを求め>

新しいコーヒーを求め、タンザニア現地サプライヤーに協力してもらい、ようやく出会えたタリメ地区は、タンザニア北部の良質なコーヒーです。

タリメ地区はタンザニアのコーヒー栽培地の中でも標高が最も高いエリアのひとつで、ポテンシャルを大いに秘めたコーヒーです。
キリマンジャロファンの方も魅力

コーヒービギナーはもちろん、舌の肥えたキリマンジャロファンの方も魅力してくれる風味を是非一度お試しください!!

<素晴らしいパートナー>

タリメ地区はもともと伝統的にナチュラルのコーヒーを主に精選する生産地として名が通っています。北部産全体のコーヒー約10%程度の生産量がありますがウォッシュドはごく一部で同地区では1か所のみの精選所にてウォッシュドコーヒーを生産しています。日本ではタンザニアコーヒーの原料は主にウォッシュドコーヒーなので、ナチュラルコーヒーの生産を主とする同地区のコーヒーはほとんど流通していなかった過去があります。しかしながらそのロケーションはタンザニアのコーヒー生産エリアの中でも最も標高が高い地域のひとつと言え、また世界的に安定的に高品質コーヒーを生産する隣国ケニアとの国境に近いといった非常に期待が持てるエリアです。

<きれいな水を無料で提供>

ケニア国境にも近いタリメ地区で生産された原料を、輸出業者であるドーマン社傘下のCMS社が保有しているMuriba CPUのみで精選したコーヒーです。
これまでタリメ地区としての差別化されたウォッシュドコーヒーとしてはほとんど流通しておりませんでしたが、同地区のポテンシャルに着目したドーマン社が2014年に精選所を買収、傘下に入れることで高品質水洗式の開発に努めました。
また水を多く使用するため、ドーマン社は地下水を掘り、精選に使用するのみならず近隣住民へきれいな水を無料で提供し、地域貢献も行っています。
精選後はドーマングループが保有するモシ市内にあるグルメコーヒードライミル指定で選別を受けてプレミアムコーヒーとして仕上げられます。
味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1124円 500g:2727円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 









商品名
 ペルー セコバサ トゥンキ 
 The Specialty Coffee from PERU
生産地:南部 サンディア渓谷
生産者:セコバサ(農協所属の小規模生産者)
プロセス::フーリーウォッシュド(水洗式)
品種:ティピカ、ブルボン、カトゥーラなど
標高:1,500〜2,000m
ロースト:ハイロースト
クロップ:2016/2017
味の特徴:シトラスな風味で、後味がスッキリとし飲みやすい口当たりです。酸味の中に上質な甘味が広がり,最後まで優しい余韻が感じられます。ペルーの隠れたトップスペシャルティ生産者のお味をお楽しみください!


原産国:
ペルー共和国

<ペルー南部のプノ県セコバサ農協>

ペルー南部のプノ県セコバサ農協のコーヒー豆で、南部でも特にユニークな特徴が トゥンキ生み出されると言われる、トゥンキマヨエリアで生産されています。この地域はボリビアとの国境に近く、1930 年代にボリビアからアイマラ族によってコーヒーの木が持ち込まれたため、栽培方法や品種はボリビアに似ており、ユニークな
フレーバーを有しています。セコバサ農協では、生産者への農業指導が高いレベルで行われており、徹底した品質管理のもと、品質を最重要視したコーヒー生産が行なわれています。

<ペルー南部のサンディア渓谷>

ここは、ボリビア国境付近、アンデス山脈を越えたアマゾン川の源流域に位置する小さなコーヒー生産エリアです。切り立った崖、険しい山と谷・森の合間に先住民のアイマラ族が静かに暮らしています。
首都リマから遠く離れ、車はおろかバイクも通れない山道の先に点在する農家。近代化から取り残されたようなサンディア渓谷は、実はペルーで最もポテンシャルの高いコーヒー産地として、弊社が以前より注目し続けていた産地です。
2009年、弊社社員がニューヨークで参加した世界各国のトップスペシャルティコーヒーの品評会で2位を獲得したペルーのコーヒー。フローラルな香りはあのパナマのゲイシャのようで、審査員たちを驚かせました。それが、このサンディア渓谷のコーヒーだったのです。

<幻のコーヒーを生産するサンディア渓谷>

その体験から出発して、2013年にようやくその幻のコーヒーを生産するサンディア渓谷に訪問することができ、このエリアの生産者組合、CECOVASAとの取組がスタートしました。しかし、2009年に出会った幻の味には未だ再会することができておらず、幻のコーヒーを探す旅は未だ半ばです。
しかし、このエリアのコーヒーはペルーの国内コーヒー品評会でも11回中7回優勝しており、そのポテンシャルの高さは証明済みです。

<ペルーで最もポテンシャルの高いコーヒー産地>

ペルーでは高品質の豆をマイクロロットで管理・販売している農協や業者はまだまだ少ないですが、CECOVASAには2人のQグレーダーがおり、各農家・各入荷日ごとの豆をカッピングし、評価ごとに分類して販売しています。そして、選び抜いた高品質の豆をトップスペシャルティ市場に供給しています。
この豆も、そうして選び抜かれた豆を弊社でカッピングして買い付けを決めました。

味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1361円 500g:3230円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 






商品名
 コスタリカ・セント タラス Qグレード 
 The Premium Coffee from COSTA RICA
生産地:タラス地区(約550ha)
標高:1,350〜1,800m
規格:SHB
品種:カトゥーラ ・カトゥアイ
精製方法:ウォッシュド
精選加工場では汚染処理が行われ果肉はミミズにより堆肥化されています。
認証:Qグレード認証
ロースト:ハイロースト
味の特徴:柑橘系のようなスッキリした香りとフルーツの甘い香りが感じられます。口あたりが良く質感の良さをお楽しみ頂けるコーヒーです。

原産国:
コスタリカ           
<深煎り有ります!>

 スペイン語で「富ある海岸」を意味するコスタリカ(Costa Rica)では、鳥類や森林の聖地とも言える自然豊かな地域で、丁寧にコーヒーの栽培が行われています。高地だけで栽培されるタラスのコーヒーは「酸味が強く上品で、コクがあり特に良い香りがある」と言われ、世界中で高く評価されています。
特にこのセント タラスには、テイスティングのプロにより高い点数を
付けられたコーヒーだけが取得できるQ認証が与えられております。プロもその品質を認めた、Q認証のコーヒーを是非お試しください!

<Qグレードとは?>
 Q - Grade(Qグレード)とは最高の品質をもつコーヒーに与えられる認証です。アメリカのCQI(Coffee Quality Institute)の認証で、CQIがカッピングのプロとして認定したQグレーダーが、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の基準に基づいて品質審査を行い、80点以上を満たしたコーヒーに与えられます。






味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1124円 500g:2727円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 グァテマラ SHB 
甘みが特に優れている高品質のコーヒーです。
又、上品な酸味で酸の苦手な人でも気に入って頂けます。




原産国:
グァテマラ          
<深煎り有ります!>
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 






商品名
 イエメン モカ・マタリ バニー・マタル  
 The Specialty Coffee from YEMEN
産地:バニー・マタル地方
品種:イエメン原種
標高:2000〜2500メートル
精選方法:ナチュラル
味の特徴:赤ワイン、ミルクチョコレート。
原生種だけが持つ香り高いモカ臭、甘味とコクのバランスが良く、はっきりとした風味特性を持ち合わせています。全てにおいて調和がとれた味わいでコーヒーのイメージが変わるほどの素晴らしいフレーバーです。

原産国:
イエメン

 「モカ」は紅海に面した、イエメンの小さな港町の名前です。 
 1628年のある日、この港でオランダの商船が40袋のコーヒー豆を買いました。これがヨーロッパ人が買った最初のコーヒーでした。ただし当時まだヨーロッパではコーヒーを飲む習慣がなかったため、この豆はペルシャ・インド方面に売られたようです。
 ヨーロッパで最初にコーヒーが売り出されたのは1661年アムステルダムでのことで、もちろんこれもモカから積み出されたコーヒーでした。これをきっかけに、ヨーロッパ人は安いコーヒー豆を大量に確保するため、それぞれの植民地に「モカ」の豆を持って行ってコーヒーの栽培を始めました。現在、南アメリカや東南アジアで栽培されているコーヒーの多くは、もともとこうしてイエメンから運び出されたものなのです。つまりイエメンは世界のコーヒーの母国というわけです。

 イエメン内陸山岳地方(標高1000m〜3000m)の段々畑で「モカ」コーヒーは生産されています。この中でも特に有名な産地がアラビア語で「雨の子孫達」を意味する「バニーマタル」地方です。
この地方はその名のとおり雨が多く、またしばしば霧がかかることでも有名です。このあたりのコーヒーの木はほぼ原生種なので、生み出される豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。
又、金色の豆が入っている事から、この豆は『ゴールデン・マタリ』ともよばれ、独特なモカ臭と共にこれがバニー・マタルの特徴です。
 モカ港から積み出される「バニー・マタル」地方のコーヒー。
これが、母なるコーヒー “モカ・コーヒー バニー・マタル” の名の由来です。

味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1750円 500g:4158円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 イエメン・モカ・マタリNo.9
イエメン産モカ。独特の甘い香り、まろやかな酸味とコクで多くのファンに親しまれています。




原産国:
イエメン
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1188円 500g:2889円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 






商品名
 エチオピア・イルガチャフェ Grade-1  
 The Specialty Coffee from ETHIOPIA
産地:シダモ県 イルガチャフェ地区
農協:イルガチェフェコーヒー生産者組合連合
規格:Grade-1
品種:エチオピア原種
標高:1800〜2350メートル
精選方法:ウォッシュド
味の特徴:モカ独特の甘みコクがより深くフルーティーな香りとバランスの取れた味。

原産国:
エチオピア

 アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。
 この地域で生産が始まったのは1950年代と、コーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、紅茶にも似た特徴的なフレーバーとワインにも感じられるフル・ボディーのカップで、このイルガチェフェ地区のコーヒーが‘YIRGACHEFFE’の名で世界的に認知され、高値で取引されるようになりました。

 近年スペシャルティコーヒーとして、世界的な注目を集めるイルガチェフェは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差が、コーヒー栽培に適しています。その素晴らしい自然環境の元であっても、生産者なくしては素晴らしいコーヒーはつくられません。
 イルガチェフェコーヒー生産者組合連合(YCFCU)は2002年に誕生した農協で、現在コーヒー農家4万4000家族・21生産者組合が参加しています。
 イルガチェフェのエリアは非常に狭く、生産量は限られており、一方で欧米のスペシャルティー・コーヒー市場で人気を博しているため、非常に入手困難なコーヒーにもなっています。 今回、そのイルガチェフェをグレード1という最高品質の規格でお届けいたします。すばらしいフレーバーをご堪能ください。



2017年4月1日より価格改定になりました。
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1253円 500g:2927円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 







商品名
モカ・ハラースター ボールド・グレイン  
 The Premium Coffee from ETHIOPIA
産地:エチオピア ハラー
品種:エチオピア原種
規格:Grade - 3
生産地区標高:2000−2200m
精製方法:ナチュラル
味の特徴:良い酸味と甘味を合わせ持った、心地よいモカフレーバーが特徴です。


原産国:
エチオピア

 エチオピア東部のハラー(HARRAR)はエチオピア中世の石垣で囲まれた街で、5つの門があり、家々は屋根が平らで、回教寺院がいくつもあり、アラビアン・ナイトの世界に迷いこんだ感じがします。
ハラー・ボールド・グレンは、ハラール(標高1,850m)に連なる山々の標高2,000m〜2,200mのエリアにて一粒づつ丹念に手摘みされています。
 火山灰土壌、激しい温度格差と環境の変化・日当たりの良い斜面といったコーヒー栽培に最も適した土地柄で丁寧に収穫・精選されております。



味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1124円 500g:2727
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 コロンビア・スプレモ
マイルドコーヒーの代表。香り・味共に優れ、上品な酸味を持つ気品のあるコーヒー。




原産国:
コロンビア          
<深煎り有ります!>
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 マンデリン G-1
東洋のブルーマウンテンと呼ばれ、酸味・苦味のバランスが良く、豊かなコク、優れた風味が特質です。




原産国:
インドネシア         
<深煎り有ります!>
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:972円 500g:2322円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 






商品名
 インドネシア リントン マンデリン
 The Premium Coffee from INDONESIA
生産地域;スマトラ島 リントン・ニ・フタ地区
精製方法;スマトラ式
品種; ティピカなど
精製方法;スマトラ式
味の特徴:完熟したトロピカルフルーツやダークチョコレート、レザー、スイートスパイスのように複雑かつ濃厚な香りに包まれます。

原産国:

インドネシア

 スマトラ島のマンデリン族が主導で栽培を行ったものであり、その生産量はインドネシア国内においてもわずか数パーセントに過ぎないが、その稀少価値や品質が認められ、トラジャと並び世界でも名の通るコーヒー豆の高級銘柄となっております。

 マンデリンは地域によってブランドが確立されており、島北部のリントン・ニ・フタ地区で栽培される「リントンマンデリン」は、標高1800m〜1900mの高原地帯を利用しており、肥沃な土壌であるため、その農家のほとんどが実質上の有機栽培を行っているほか、手作業で欠点豆の除去を行うなど、厳正な品質管理を行っております。









味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1080円 500g:2538円
 
 
完売いたしました
ニュークロップ
入荷未定

商品名
 ハワイ・コナ エキストラファンシー
品質の良いハワイ産コーヒーの最高級品。マイルドコーヒーで柔らかいよい酸味をもっています。




原産国:
ハワイ

<注意>
300g詰と500g詰の販売になります。
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
300g:3402円 500g:5346円
 
 
現在一時販売中止






商品名
 ブラジル ショコラ オ・レ 
 The Premium Coffee from BRAZIL
生産エリア:モジアナ地区
精選方法:ナチュラル (非水洗式)
スクリーンサイズ:NO2 S17/18
標高:約1,000m以上
品種:カツアイ・ムンドノーボ
クロップ:2015/2016 (新物)
ロースト:シティロースト(中深煎り)

味の特徴:ナッツの香ばしさとショコラを連想しそうな味わい深い『甘み』が特徴。やさしい酸味からしっかりとコクと甘味のある、まったりとした味です。

原産国:
ブラジル

 カフェ・オレに合う豆「ブラジル ショコラ オ・レ」

1日の疲れを癒したいときにはピッタリでブラックでも満足して頂けます。甘いチョコレートとフードペアリングになります。

ブラックでも重厚感があり堪能できると思います。
コーヒー本来の『甘味』が出てますのでお楽しみください。

 コーヒーの品質・評価も他国より厳しく細かく

ブラジルのコーヒー豆はアラビカ種の一種、ブルボン種または品種改良されたムンドノーボ種が主流で、精製方法は乾燥式が主流となっています。
乾燥式精製で異物が混入するようなリスクを回避するため、コーヒーの品質・評価も他国より厳しく細かく決められています。

ブラジルコーヒーは、異物・欠点豆の数、豆の大きさ、そしてカップテスト(味覚テスト)この3点で品質が評価されます。

 ブラジルは世界最大のコーヒーの産地

ブラジルは世界最大のコーヒーの産地で、その総生産量は世界生産量全体のおよそ30%にものぼる。およそ27,000平方キロメートルの面積のコーヒー農園に、60億本のコーヒーの木が栽培されている。

これらの品種の内70パーセントほどがアラビカ豆で、30パーセントほどがコニロンといわれるロブスタ種である。気候や土壌、地形に恵まれたサンパウロ州、ミナスジェライス州、パラナ州での生産が最も活発である。

味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:972円 500g:2322円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 ブラジルNo.2 18M
コーヒー生産No.1の国、ブラジル産のコーヒー。香り・味すべての風味が偏らない中性の味。




原産国:
ブラジル           
<深煎り有ります!>
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 ジャバロブスター WIB/1
ロブスター種独特の香りと苦味。丸い豆が特徴です。





原産国:
インドネシア
2017年4月1日より価格改定になりました。
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:972円 500g:2322円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!