ITC(UNCATD/WTO(国連))グルメ・コーヒー・プロジェクト(高品質コーヒーの生産方法を開発し、発展途上国の経済的自立を促進するプロジェクト)により、下記の5カ国が対象生産国に選ばれました。

 国連グルメコーヒー・プロジェクト
 日本市場担当マーケッティング・コンサルタント
 林   秀 豪
 氏によるご説明
1. このプロジェクトの正式名称は
  Development of Gourmet Coffee Potential(グルメコーヒー可能性の開発)です。
プロジェクト推進当事者はITCです。
ITCはUNCTADとWTOにより設立された国連の一つの組織です。
International TradeCentre(Centerではありません)本部はスイスのジュネーブにあります。
UNCTAD : United Nations Conference on Trade and Development 国連貿易開発会議

2. このプロジェクトは1997年にスタートし、2000年に完了しました。
グルメコーヒー可能性の検証が主たる事業内容で、検証の為に米国と日本を主たる対象市場として、テスト・マーケッティングを実施しました。
可能性ありとの結論に基づき、現在はそれぞれの生産国がフォローアップを実施しています。
「ITC Projectと同様な手法で、多くの生産国で、高品質コーヒー開発プロジェクトが実施されています。ケニア、タンザニア、ルアンダ、ザンビア、グアテマラ、ドミニカ、パナマ、ボリビア等です。

3. このプロジェクトの対象生産国は5カ国でした。
アフリカより3カ国が選ばれました。 エチオピア、ウガンダが最初に選定されましたが、
コンゴとブルンディが最後まで競り合いました。
アジア・オセアニアからの選定は大変競争が厳しく、インドとパプア・ニューギニアが最後の選定に残りましたが、なかなか決着がつかず、最後はコイントスで決まった経緯があります。
ラテンアメリカからはブラジルが選定されました。

4. 当初は、何故ブラジルが対象国になっているのか。
今更ブラジルで何をするのかと、一部では疑問視されたのですが、
結果的には、ブラジルが一番グルメコーヒーの生産に苦慮したのです。何故か?
理由は、従前の、歴史的なブラジルの品質評価基準が全くスペシャルティコーヒー市場には
適用出来ない事が判明したからです。
従前のブラジル品質評価方式の存在が邪魔になって、スペシャルティコーヒー市場が求め、
実需が評価するコーヒーの評価基準が生産者にとって理解出来なかったのです。

5. ITCプロジェクトにおいて、ブラジルはどんな変化を遂げたか。
1997−1998年の間は、BSCA(ブラジル・スペシャルティコーヒー協会)の生産者が
スペシャルティコーヒーとして生産したコーヒーに対して、米国のスペシャルティ・ロースターは誰もが価格プレミアムの支払いを拒否しました。何故か?
品質評価を、従前のブラジル方式で行っていた為、スペシャルティコーヒー・ロースターの要望する品質のコーヒーが継続的に供給されなかったから。
頓挫しかかったITCプロジェクト立て直しの為、SCAAの品質評価基準の導入が強く要望されました。誇り高いブラジルのクラスィフィカドールが、欧米のスペシャルティロースターに屈し、全く新しい品質評価基準が、ブラジルに導入されたのが、1999年です。

6. ブラジルのインターネット・オークション
1999年10月に、SCAA品質評価基準の導入を図ることを目的とした
ブラジル・スペシャルティ・コーヒー協会主催のコンペティションが開催されました。
国際審査員14名の内にブラジルからは2名のみ選出されました。
ブラジル全土のスペシャルティコーヒー生産者より314ロットが出品され、上位10ロットに対し、Best of Brazil 1999 の称号が与えられ、これらの10ロットを対象に, 1999年12月にSCAAの主催でインターネット・オークションが実施されました。
このプロセスは ICO の発案の基に、ITCのプロジェクトの一環として実施されたものです。
1999年のオークションの結果は、ブラジルの生産者に大きなインパクトを与え、
生産者段階での品質向上策が飛躍的に発展を遂げました。
2000年10月に第2回目の The Best of Brazil 2000 のコンペティションが実施され、全国から477ロットが出品され、ベスト18に対し、The Best of Brazil 2000 の称号が与えられました。
2000年12月にインターネット・オークションが18ロットを対象に実施されました。

7. ITCプロジェクトと、The Best of Brazil,Cup of Excellence
ブラジルにおいては、The Best of Brazil 2000, 或いは Cup of Excellence 2000 との名称、呼称が、ITCプロジェクトコーヒーに代わるものとなっている事が、他の生産国とは状況を異にしています。

8. スペシャルティコーヒーに適用される品質評価基準と、従前のブラジル評価基準とは全く別のものである事。 残念ながら日本では、この事が全く理解されておりません。
日本では、未だに、コーヒー鑑定士なる名称が存在し、ブラジルのサントス商工会議所での講習を
受講終了した者が自己を鑑定士と呼んでおります。
鑑定士の「士」とは、国家試験、或いはこれに準ずる資格試験の合格者に与えられる呼称です。
「残念ながらブラジルの品質チェック方式はスペシャルティコーヒーには適用できないので、SCAA、或は SCAEの評価基準が導入・適用されています。」

9. グルメコーヒーとスペシャルテイコーヒー
グルメコーヒー とはスペシャルティコーヒーとプレミアムコーヒーの総称です。
プレミアムコーヒーは、著名な名称、優れたバックグラウンド・ストーリーにより、高値で取引が可能なコーヒーですが、味覚面に素晴らしい美味しさ、際立つ印象度が有るか否かは別の問題です。
「スペシャルティコーヒーは、素晴らしい独特の美味しさの風味があり、際立つ特徴・印象度があるコーヒーを指します。しかし、一般的には有名な名称ではなく、品質で勝負するコーヒーです。」

10. 2001年に入りSCAAの品質評価基準が修正されました。又、評点による、
Specialty Coffee, Premium Coffee, Exchange Coffee, Below Standard,Off Grade の区分けが導入されました。
新しいSCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)の品質評価表。
概略。

 評価項目
-1. フレグランス/アロマ
  フレグランス(コーヒー焙煎豆、粉砕した粉の香り・臭い)とアロマ(コーヒーを抽出した液体の香り・臭い)の好感度の質的評価 0点―10点
   
-2. 酸強さの量的評価 0点―10点
   
-3. フレーバー(アロマと味)は好感度の質的評価 0点―10点
   
-4. ボディ(口に含んだ量感)は強さの量的評価 0点―10点
   
-5. アフターテイストとは、コーヒーを飲み干した後に、嗅覚・味覚で感ずる風味の素晴らしさ、印象度と、後口の滑らかさ、爽やかさ、或は刺激的感覚です。
スペシャルティコーヒーの最も重要な評価要素の一つです。
好感度の質的評価 0点―10点
   
-6. カッパーズ・ポイント バランスと印象度の総合点で −5点から+5点
  以上の総合点に 50点を足す。合計点(理論的には 45点 −105点)が品質評価点となる。
評価点が 90―100+ がクラス−1.:スペシャルティ・グレード
     80―89  がクラス−2.:プレミアム・グレード
     70―79  がクラス−3.:エクスチェンジ・グレード(一般品)
     60―69  がクラス−4.:ビロウ・スタンダード・グレード
                  (標準品以下)
     50―59   がクラス−5.:オフ・グレード(格外品)―


  ブラジル・スペシャルティコーヒー・プロジェクト国際審査員。
グアテマラ・スペシャルティコーヒー・コンペティション国際審査員。
(有)林コーヒー研究所 代表取締役。
その他:国連グルメコーヒー・プロジェクトの日本市場担当
マーケッティング・コンサルタントの繋がりより、 EAFCA(The Eastern Africa Fine Coffee Associatiob) のWorking Group Member ADCI/VOCA の生産国でのプロジェクトへの参画。
(Panama, Honduras でのプロジェクトが現在構築中です。)

ITCトップへ戻る