深煎りコーヒー
濃い目のコーヒーがお好きな方におすすめ。
カフェオーレ、アイスコーヒー、エスプレッソコーヒー、カプチーノとして
もちろんストレートでもOK!色々楽しめます。










商品名
 コスタリカ・ロザリア農園
 マルセジェサ ハニー(深煎り)
 The Specialty Coffee from COSTA RICA
地域:トレスリオス
生産者:ロザリア農園
農園主:クラウディオ・カストロ
クロップ:2017-2018
規格:SHB、EP
スクリーン:スクリーン16アップ
品種:マルセジェサ
標高:1400〜1550m
精製方法:ハニーコーヒー(パルプドナチュラル)
ロースト:フルシティロースト
味の特徴:苦味の中にふんわり後味に残るハチミツの優しい甘さ。
苦さだけではなく滑らかなコクのあるキレイな味わい。
ローストをあげる事により酸味が甘味に変わり飲み応えがあります。

原産国:
コスタリカ           
<深煎り>

<ロザリア農園>

ロザリア農園は標高1400〜1550mにある総面積2ヘクタールの非常に小さな農園。収穫量も少ないですが、2003年のネットオークションでは1位に輝く、たいへん評価の高い農園です。「ロザリア」はひとことで言うと繊細でマイルドなコーヒーです。

<ハニーコーヒーとは?>

ミューシレージのことを中米ではミエルと言い、ハニー(蜂蜜)のこともミエルというので、このパルプドナチュラル精製されたコーヒーをハニーコーヒーと呼びます。
「ハニーコーヒー仕立て」では収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去された後、醗酵行程をおかずに、ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。この方法によって、ミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒー豆が得られます。

<パルプドナチュラル>

この方法では、果肉除去の行程で過熟豆、未熟豆を取り除くことが出来るというメリットもあります。一方でミューシレージがついたままの乾燥方法は難しいといわれていますが、ここカンデリージャでは、小規模なミルである利点を活かし、アフリカン・ベッドとコンクリート・パティオを使っての天日乾燥も熟練した丁寧な作業がすみずみまで行き届き、あくまでクリーンカップのなかにハニーコーヒーの甘味・香りが楽しめるコーヒーに仕上がります。

<品種:マルセジェサ>

コスタリカのロザリア農園 『マルセジェサ』 ニカラグアでサビ病対策として 研究開発されたハイブリッド チモールとビジャサルチを 交配させたサチモール系です。




味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1167円 500g:2830円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 











商品名
 タンザニア キリマンジャロ
 キゴマ キボー AA (深煎り) 
 The Premium Coffee from Tanzania
生産地:タンザニア
エリア:西部キゴマ地区
プロセス:ウォッシュド (水洗式)
標高:1700m
栽培品種:N39(ブルボン系)
精製方法:アフリカンベッドで天日乾燥
規格:キボーAA S18
Kibo (キボー) は選ばれたコーヒーにのみ付けられる高品質の証
ロースト:フルシティロースト
味の特徴:カシスやオレンジのようで爽やかな香りとライムをイメージする
明るい綺麗な酸味とどっしりとした口あたり。 蜂蜜をたらしたような
甘みにコクとのバランスがとれた飲みごたえのある一杯です♪
深煎りにより、明るい酸味が心地よい甘味に変化します。
クロップ:2018/2019

原産国:
タンザニア連合共和国

<深煎り>

<高品質の証!キボー(KIBO)"の名を冠したコーヒー>

ブルンジ国境に近いキゴマ地区、赤く柔らかい肥沃な土壌。品質確認人が細分化された地区毎に小規模農家への農業指導を行い高品質商品の生産を促している為、風味豊かな安定した味のコーヒーが産まれます。
焙煎度合いは中煎り。爽やかな柑橘系の香り、ジューシーな口当たり。クリーンな酸、しっとりとしたボディ感にキャラメルのような甘味の余韻をお楽しみいただけます。

<アフリカンベッドでの天日乾燥>

キゴマ キボー はキゴマ地区で生産された原料をCPU経由のみで精選したコーヒーで、コーヒー業界で同国最大手の1社であるドーマン社の指導を受けたカンヨブドライミル指定で選別を受けて仕上げたプレミアムコーヒーです。

<ハンドピックも行われております>

CPU(CentralPulperUnit)
農家は収穫し、チェリーの状態でCPU(共同精製工場)へ販売。

土壌の肥沃さを活かし、更にその土地の農家から輸出業者までコーヒー作りにたずさわる人たちが協力して手を加えることで、見事に「復活」を遂げました。同地のコーヒー関連業者一同の努力によって生まれ変わった良質なコーヒーです。タンザニアの西部地区らしいエレガントさもあわせ持った、上品なフレーバーをお楽しみください。


味わい
 
苦味
 
酸味
甘み
税込価格
200g:1124円 500g:2727円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 








商品名
 ブラジル サンアントニオ ショコラ ピーベリー 
 The Premium Coffee from BRAZIL
生産エリア:ミナスジェライス州サンアントニオ地区
生産者:サントアントニオ・エステートコーヒー生産者組合
標高:1,000-1,100m
規格:NO,2 ピーベリー
品種:ムンドノーボ カトゥアイ 
プロセス:ナチュラル ( 非水洗式 )
ロースト:シティロースト( 中深煎り )
味の特徴:ナッツやチョコレートのような香りが特徴で、豊かなフレバー。味わい深い『甘み』と『コク』があり、濃厚でしっかりとした口当たりです!

原産国:
ブラジル
<中深煎り>

 組合に属する20農園の中から、数農園をセレクト。

この地域特有の【重量感のある甘味を、安定してお届け出来る逸品】を選定ブレンドして作られたロット

 ≪組合の特徴は以下の通りです。≫

1.小高い丘陵地で、土壌と水資源に恵まれている。
2.農園主と労働者の信頼関係が築かれている(4代に渡って主従 関係が継続しているケースもある)。
3.協会での活動などスペシャルティコーヒーへの取り組みに熱心である。
4.ブルボン(Bourbon)種など古くからある品種の栽培が盛んである。
5.品質に大きな影響を与える栽培、精製に関して組合内での情報の共有化が進んでいる。
6.選別、最終の品質管理を一元化することにより、品質の安定化が期待できる。

 プロセス:ナチュラル ( 非水洗式 )

収穫したチェリーをそのまま乾燥しその後に脱穀し中から生豆を取り出します。

【収穫→コーヒーの実をそのまま乾燥→寝かせる→脱殻機にかける→生豆を取り出す】

 ピーベリーとは??

コーヒーの実には通常2つの種子が向かい合って入っていますが、稀に木の枝の先端に豆が1つしか入っていない実ができることがあり、これを「ピーベリー(丸豆)と呼びます。希少な豆として大変珍重されています。
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:1037円 500g:2430円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 グァテマラ SHB (深煎り)
甘みが特に優れている高品質のコーヒーです。
又、上品な酸味で酸の苦手な人でも気に入って頂けます。




原産国:
グァテマラ
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 コロンビア・スプレモ (深煎り)
マイルドコーヒーの代表。香り・味共に優れ、上品な酸味を持つ気品のあるコーヒー。




原産国:
コロンビア
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 マンデリン G-1 (深煎り)
東洋のブルーマウンテンと呼ばれ、酸味・苦味のバランスが良く、豊かなコク、優れた風味が特質です。




原産国:
インドネシア
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:972円 500g:2322円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!
                             
 

商品名
 ブラジルNo.2 18M (深煎り)
コーヒー生産No.1の国、ブラジル産のコーヒー。香り・味すべての風味が偏らない中性の味。




原産国:
ブラジル
味わい
 
苦味
酸味
甘み
税込価格
200g:908円 500g:2160円
 
お買い求めは下記をクリックして下さい!