コーヒー豆は、鮮度の新しい物

コーヒー豆は、温度差のない常温で密封ビンや缶に入れて保管。油等臭いの有る所は避ける。

コーヒー抽出器具は、清潔に、コーヒに油は禁物。油は、熱せられ軽くなり上に上がり漂い冷めたら重くなり降りてきて少し離れた所のコーヒー・コーヒー器具に付着しコーヒーの香り・甘味を消し薬品のような味にしてしまいます。

抽出のお湯は、水から沸し沸騰さても良いが決して煮詰めない事。
沸す事と煮詰める事の違い珈琲の湯は98度と記した本も有りポットに温度計を入れてお湯が沸騰しないように注意をされている方を雑誌等でよく見ます。
煮詰めたお湯は、珈琲の香り・甘味をだめにします。煮詰めたお湯で紅茶を作るとあめ色に成らず赤褐色になります。かといって沸騰させても良いと本等に書けばほとんどの人は煮詰めてしまうでしょう。だから98度と書けば温度計を入れたりして煮詰めないように注意をするでしょう。

杯数分のお湯を抽出し終わり珈琲粉の入った器具(ロト)からコヒーエキスが落ちたら直ぐにロトを外します。(そのままにしておくと抽出されたコーヒーに酸が強く渋くなります)

抽出されたコーヒーの量が多い時にはポットの下の方が濃い為ポットを移し変えること。

飲む時にもう一度沸かす(煮つめない事)とより美味しくお召し上がり頂けます。


 
※中心から「の」の字を書くようにロトの一番外から少し内にお湯を注ぎます。習字と同じ様に力を入れる所も同じで外側で力を抜く所も同じです。

※1杯立てる時も10杯立てる時も同じで、お湯をかけ始めてからかけ終わる迄約2:30秒です。

※珈琲の泡が平らになる前に次のお湯を注ぎ、お湯を注げば注ぐほど泡が上へ上へと上がって溢れるぐらいにします.

※泡が落ち凹んでからお湯を注ぐと水鉄砲と同じで珈琲の良い所も悪い所も出てしまいます。





○お湯をいくら煮詰めようが珈琲豆に力が無から味に変化はありません。
○珈琲の抽出で泡が凹もうが関係有りません。珈琲豆に力がありません。
○サイホン等で細挽きの珈琲でロートの中で竹べらで10回も20回も混ぜてる店を
 良く見ますが不思議だと思いませんか?


私どもは珈琲マシーン・珈琲メーカーが販売され普及するに従って珈琲豆の品質が認められ 珈琲マシーンの製造メーカ様に大変感謝致しています.
良い着物を買ったら帯びも帶締め草履もそこそこの物を揃えないと折角の着物が台無しで、 おかしく見えます.逆に安いの着物なら少しぐらいバランスがずれていても違和感を感じま せん。 珈琲もこの様な物で良い物は少し手間をかけて頂くと素晴らしい美味しい珈琲を味わ って頂く事が出来ます。



少しでも美味しい珈琲を飲みたいと思ってらっしゃるあなたの為に
あなたのお店にしかないものあなたのお店に行かねば味わえない珈琲をお客様に味わって頂く為に私どもは、あなたの焙煎工場になります.